2019.12.27新車にコーティングするなら?DIYVS施工業者VSディーラー徹底比較!

DSC_3732

そもそも新車にコーティングは必要なのか

新車を購入した方が一番初めに悩むであろう問題、それは「車のボディーコーティング」ではないでしょうか。
最近は9割の確率でディーラーさんに勧められますよね。
「値引きの代わりにコーティングをサービスで~」なんていうのもよく聞きます。
そしていざお願いします!という段階になっても更に
「これが最高級のガラスコーティングで…」「真ん中のグレードでしたらこれで…」
結局どれにしたらいいんだ!?オートバックスで売ってるようなワックスとは違うの!?
コスパは!?耐久は!?コーティングした後はどうするの!?

…そんな感じのお悩みをピカピカレインの相談窓口でもよくお聞きします。

そもそも新車ってなにもしなくても美しいのに、
お金と時間をかけてコーティングする必要があるのか、
というのが大前提の疑問だと思います。

そしてその答えはというと、個人的には
「お金と時間をかけてコーティングした方が良い」と、なります。

コーティングの種類やグレードの話はまた次の項でするとして、
「新車」に「コーティング」をかけるのには下記のようなメリットがあります。

塗装そのものの劣化を防ぐことが出来る。

塗装は環境などの外的要因、経年で絶対に傷みます。
何もしなければ黄ばんだり、最悪ボロボロと剥がれたり。
そういったダメージをコーティングというバリアを一層上に設けることで軽減できます。

日々のメンテナンスが楽になる。

例えば砂、虫などの汚れがついた時、塗装に直接ついた場合と
コーティング膜の上についた場合では圧倒的に後者が洗車でとれやすいです。
また、水弾きの性質をもっているコーティングがほとんどなので
車体への水残りが少なくなり、それはイコール洗車時の拭き上げが楽!です。

どうでしょうか。大枠も大枠ですが、この2点はかなり重要ではないでしょうか。
次にコーティングを施工するにあたって、どのような選択肢があるのかご説明していきます。

コーティングの選択肢は大きく分けてこの三つ!

コーティングをする方が車には良いのはわかったけど
どういう方法があるんだろう?そういう所でコーティングをしてもらえるのだろう?とお悩みの方も多いはず。
ここではコーティングを施工する際、3つの選択肢についてご紹介いたします!

ディーラーで施工を依頼するコーティング

車を買った際などにオプションでつけれるディーラーのコーティング。
納車時にはコーティングされているので、手間は一番かかりません。
ですが、ディーラーによって使用する液剤の種類がかなり限られていたり、
5年間耐久と記載されていても、1年に1度メンテナンスに出さなければいけなかったり…。
コーティングの種類やメンテナンス方法は、注文前にディーラー側に確認しましょう。
大手ディーラーは公式のHPにコーティングの種類等も記載しているので、耐久や水弾き等もご自分で調べて、決めるのもいいですね。

施工業者に施工を依頼するコーティング

プロの施工店に、コーティングを依頼する方法もあります。
全国各地の施工業者から、自分で施工店を選びます。
プロに依頼するので、安心感は増します。
ただ、価格が一定でなかったり、下地処理に行う磨きの腕に差があったり、取り扱いコーティングもばらばらです。
インターネットでよく調べてから依頼したり、口コミや紹介で信頼できる方にお勧めしていただいてからの
お問合せが良いでしょう。
施工店によっては預ける期間もばらばらですが、数日間車を預ける必要もでてきます。
代車を手配していただけるか、預けても大丈夫な期間にあわせて施工していただけるか、
そちらも併せて問い合わせする方が無難です。

自分で施工するDIYコーティング

まずは自分でできるDIYコーティングをご紹介。
コーティングの液剤自体は、車系量販店やインターネットでご購入いただけます。
何を買ったらいいかわからない…という方は楽天などの大手ECサイトのランキングから
選んでみてはいかがでしょうか。
硬化型や簡易コーティング等、沢山の種類が販売されているので、自分にあったコーティングを選ぶことができます。
また、DIYコーティングは洗車から施工までを自分で行うので
作業スペースが必要です。
洗車ができるスペースや、作業を行うスペースを確保してから
施工を行いましょう。

ディーラーコーティングのメリットデメリット

新車を購入する際に、必ずと言っていいほどディーラーにお勧めされるのが、
オプションのコーティングです。

「せっかくの新車ですから、綺麗に保ちませんか?」

なんてと言われてしまうと「せっかくだし…」と首を縦に振ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなディーラーコーティングには、どんなメリットおよびデメリットがあるのか紹介していきます!

メリット

その1:手間がかからない

ディーラーコーティングの最も大きなメリット…
それはなんと言っても「手間のかからなさ」ではないでしょうか。

どんな施工業者に、どんな種類のコーティングにするのか…等々、自分で調べる必要もなく、
新車購入時にディーラーに依頼するだけの手間いらずです。

その2:コーティングされた状態で納車される

上記に関連した内容にはなりますが、
コーティングされた新車をゲットできるのもメリットのひとつです。

業者にコーティングを依頼するとなると、
どうしても納車後にお車を預ける期間が発生してしまいます。
自分で業者に預けにいくのも面倒ですし、預け期間中の生活も不便ですよね。
それに対して、ディーラーコーティングは納車後すぐに新しい愛車を運転できるのが嬉しいですね。

デメリット

その1:高額である

まずディーラーコーティングのデメリットとしては、費用がかさんでしまう、という点です。

例えば、大手のトヨタさんなら「QMIセンチュリオンコート」、日産さんなら「5 YEARS COAT」、マツダさんなら「MGシリーズ」と各社純正コーティングを提案されています。
また、弊社のお客様では、以前CPCペイントシーラントをお勧めされた方も多くいらっしゃいます。

価格は最低でも4万円から。
また、お車のサイズが大きくなってきますと、8万円を優に超えてきます。

(例)日産純正コーティングの場合

軽・SSクラス 48,400円
Sクラス 54,450円
Mクラス 60,500円
Lクラス 66,550円
LLクラス 72,600円
LLLクラス 78,650円

また、新車で5年(または3年)保証と謳っているところも多いですが、
その保証を受けるには、メンテナンスキットの購入や毎年点検を条件となっていたりと、
コーティングそのものに、プラスの費用がかかってきます。

手間がかからないその分、お金がかかるのは当然といえば当然ですし、
安心を買っていると言えば間違いではないですが、その金額も決してお安くはありませんよね。
少しでも費用を抑えたい方にとっては慎重に考えたいところです。

その2:ディーラーはコーティング専門家ではない

さらに念頭に置いていただきたいのが、
「ディーラーはコーティングの施工者・専門家ではない」という点です。

コーティングをお勧めするのはディーラーですが、施工を行うのは外注の施工業者になり、
その業者(施工者)は自分で選ぶことができません。

また、ディーラー自身は知識が全くない場合もありますので、
ガラスコーティングで頼んだはずのに、実はガラス”系”コーティングだったなんてことも…

したがって、可能であれば
施工環境(設備)・施工者・施工技術・コーティング種類等を事前に確認することをお勧めします。

施工業者コーティングのメリットデメリット

新車にカーコーティングを施工する際に、施工業者に依頼して施工を行う場合を紹介していきたいと思います。
一般的に車のコーティングをするとなると、施工業者やディーラーなどプロに依頼する事を
ご想像される方が多いかと思います。
それほど「車のコーティング=施工業者に依頼する」というイメージがございます。

施工業者でコーティングするシチュエーションは様々です。
例えば…

・自分で下地処理~施工までの工程を技術的・体力的にやりきる自信が無い方
・家の駐車環境的に施工不可能
・DIYコーティングを知らない
・DIYコーティングをする時間が取れない

など様々…!

施工業者は車のコーティングを行っているプロ。

施工業者といえば…有名なものでは街でよく見かける黄色い看板の会社を思い浮かべた方も多いはず。
主に全国のガソリンスタンド等で展開しており、一度は目に触れた事があるのではないでしょうか。
厳密に言うと専用ガレージ等で行う施工業者とはまた少し違ったものや工程が含まれているのですが、
こちらもプロの施工店といえます。

このセクションでは施工業者に依頼をお考えの方にも役立つよう、
施工業者コーティングのメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

メリット

細かい部分までこだわった作業

やはりコーティングを専門にしているだけあって、ムラが出来たり、失敗してしまった…なんて事はございません。そして自分でするには大変な細部まで至る洗車や下地処理ももちろん仕上げてくれます。

完璧な状態で愛車が戻ってくるので自分の手間を一切かけずに安心してコーティングする事ができます。

施工環境が整っている

自宅で施工するとなると、環境的に完璧な状態で行うのはなかなか難しくなってきます。
しかし、多くの施工業者の場合は外気に触れて埃や空気中の花粉・黄砂などが施工中に付着しないように密閉された空間で行います。
自宅では出来ない環境ですので、大切な新車をコーティングするうえで大きなメリットとなります。

コーティングの耐久

専門店の場合アフターケアまでサービスがある業者もございます。
その場合、施工後も定期的にケアしてくれるため、自分で管理するよりも良い状態をキープでき、
コーティングの耐久が伸びる事も。
また、業者専用の液剤を取り扱っている場合もございますので、
そういった物はコーティングの耐久年数が長い物も多く存在します。

デメリット

預かり期間が長い

はやく納車した新車に乗りたい…そんな気持ちをぐっと抑えて、預けなければなりません。
新車の場合比較的短く済むとは思いますが、業者にもよりますが2泊3日ほどかかる場合も…!
その間は業者から代車を借りたり、前のお車を使用するなりしなければなりません。

価格

一番のネックはこちらでは無いでしょうか。
プロの業者に依頼するとなると、DIYに比べ何倍もの金額がかかってきます。
業者によって値段は変わってきますのでどの業者がどういった部分までしてくれて
いくらかかるのかしっかり下調べする必要がございます。

いかがだったでしょうか?施工業者のメリット・デメリットをご理解頂いた上で
自分のこだわりや環境に応じて施工業者に依頼するのが適しているかご判断して頂ければと思います。

ピカピカレインを使用したいけれど、下地処理には施工店を利用したいという方のために、
弊社では提携施工業者への持ち込みプラン(大阪・京都限定)もございます。

【持ち込みプランのURL】
https://www.pika2rain.com/sekouten_lp/

ピカピカレインの施工でプロへの依頼をお考えのかたは是非こちらも
検討してみてくださいね。

DIYコーティングのメリット・デメリット

最後は新車にDIYコーティング(「ピカピカレイン」はこの括りです)をする際のメリットとデメリットを項目別に説明いたします。

価格

DIYコーティングの一番のメリットは、なんといっても価格ではないでしょうか。

通常、ディーラー等でガラスコーティングを依頼すると、約10万円前後の費用が必要になります。(普通車の場合)
ですが、市販のDIYのガラスコーティング剤ですと、5000~12000円と約1/10の費用で手に入れることができます。
もちろん自分で施工しなければなりませんが、非常に安価で済ませることができます。

施工期間

自分の好きなタイミングで施工できるのも、DIYコーティングのメリットの一つです。
ディーラー等でコーティングをする際、施工が完了するまで預ける必要がありますが、DIYですと自分の予定などに合わせて施工できます。

なお、施工を予定していた日に雨が降ってしまうと作業ができなくなってしまうので注意が必要です。
また、炎天下や風の強い日も施工には適していませんので、そういった日は避けたほうが無難です。

場所

自宅等に駐車場があれば問題ありませんが、DIYコーティングは施工する場所を自分で用意する必要があります。
また、ガラスコーティングを施工する際、水分は厳禁です。施工中や施工後に雨が降ってしまうと、せっかくのコーティングが失敗してしまいます。
そういったことも踏まえ、適切な場所で施工しなければいけません。

下地処理

新車への施工の場合、特別な下地処理は必要ありません。
手洗い洗車後、ボディに残っている水分を綺麗に拭き上げてから施工してください。

なお、ディーラー等で予めワックスやコーティングをした状態で納車されることが良くあります。
それらの上にガラスコーティングを施工することはできません。
コーティング等を施工していない状態(すっぴんボディ)で納車するか、元々のコーティングをコンパウンド等で除去した後に、
ガラスコーティングを施工してください。

耐久

車の保管の状況やメンテナンスの仕方などによっても変わりますが、ガラスコーティングの耐久力はディーラー・DIY共に3~5年です。

施工後の洗車等のメンテナンスにより、耐久は大きく変わります。
日々のこまめなメンテナンスを心がけましょう。

DIYコーティング メリット・デメリットまとめ

・自分で施工しないといけないが価格は断然安い
・好きなタイミングで施工できる
・気候によって施工できないことがある
・施工する場所が必要

最後に

以上、長々と説明しましたが新車へのコーティングについてなんとなく意識していただけましたでしょうか。

冒頭でも申し上げた通り、コーティングを行う大きなのメリットは
塗装の保護と日々のメンテナンスの時短だと思います。
さらに大枠で括ると大事な愛車を長く美しく保つための第一歩とも言えます。

金額的にディーラーと施工店の敷居が高ければDIYからでも始めてみませんか?

お支払いについて

代金引換
商品の届け時に配達員にお支払ください。
【手数料:330円】
クレジットカード
VISA、MASTER、DINERS、AMEX、JCB等がご利用いただけます。
コンビニ前払い
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、セイコーマートがご利用いただけます。
NP後払い
コンビニ、郵便局、銀行にて払込書での後払いが可能です。
【手数料:220円】
銀行振込
郵便局・銀行のATMでお支払ください。

振込先 楽天銀行 第二営業支店
普通 7170500
カ)トップラン

送料について

商品代金以外に下記料金が別途かかります。

北海道550円
東北550円
関東・信越・沖縄550円
北陸・中部550円
関西550円
中国550円
四国550円
九州550円

※メール便対応商品のみ220円での配送も可能。

支払期限

当店よりご注文確認通知後、7日以内にお支払ください。代金引換払いをご利用の際は、商品到着時にお支払ください。

引き渡し時期

ご注文代金の入金確認後、3営業日以内に発送いたします。
※商品欠品などにより発送に時間のかかる場合がございますので、あらかじめご了承くださいませ。

引き渡し時期

返品・交換をご希望される場合は、商品到着後7日以内にご連絡ください。
商品が異なるものや不具合のあるものは、当店の送料負担にて交換または返金いたします。
お客様のご都合による返品の場合、送料はお客様でご負担ください。
なお、一度ご利用された商品、到着後7日以上経過した商品、お客様のお手元で 傷や汚れが発生した商品などの返品・交換はご容赦ください。